生前対策への『想い』

この仕事を始めた動機① ~争族

私も、過去に争族を経験致しました。

一つは、家内の祖父の相続に関するトラブル、
もう一つは、使用不動産に伴う自分の祖母兄弟間のもめごと、です。想い

どちらも直接の当事者ではありませんでしたが、それが為に客観的に見ることができました。
元々、血を分けた関係であるだけに、いざ事が起こった時のギャップは愕然とするものがありますし、直接の当事者は精神的にも追い込まれます

「このような争いの目は、できる限り、摘み取らなければいけない」
そんな『想い』を強く持つに到りました。

この仕事を始めた動機② ~法律・税務は意外と知られていない

私は、学校を卒業してから、ずっとサラリーマンをやってきました。ビジネスツール

それが、昨年から、自宅を賃貸に出し確定申告を、
今年から、様々な資格を取得した上で起業を経験致しました。

そこで思ったのは、
「世の中には、知っていれば得をする法律や税制がなんと多いことか」
ということでした。

自分の不勉強を反省するとともに、
「同じように知らない人はたくさんいるに違いない」
「お助けすることはできないだろうか」
という『想い」を強くしました。

生前対策・遺言・相続はどこに頼んだらよいのか

現在はテレビCM等でも、よく見かけるようになり、
「終活」「エンディングノート」という言葉もなじみのあるものとなりました。
従って、様々な士業の方・企業も対応しております。

私は、開業するか迷っていた時期があり、様々な士業・企業の方のお話を伺い
それぞれどのような対応をされているのか、勉強させて頂いたことがありました。
もちろん私の限られた経験ですし、実際には違う方・企業もあるかもしれませんが、

弁護士:もめごとの解決悩む女性
行政書士・司法書士:事務手続代行
税理士:税金計算・税務申告
信託銀行:財産管理・資金の囲い込みに注力
生命保険会社:相続対策としての生命保険の販売
証券会社:上記生命保険の販売代理店

といった得意分野・専門分野はあるものの、正直言って物足りなさを感じました。
もちろん仕事ですから、専門分野に特化するのは当然とは言うものの、
「トータルサービスを提供している専門家がほとんどいない」
というのが、率直な感想でした。

生前対策への『想い』 ~トータルサービス

生前対策は、大きく分けて以下の3つが必要です。
税金対策
遺産分割対策(もめない対策)
生前整理

一部分を切り出して対策を打っても、それは本当の解決ではありません。

皆様に寄り添い、真のトータルサービスを提供し、
皆様のお役に立てることを旨とし、研鑽に励んでいく所存です。